に投稿 コメントを残す

年末 宝くじ 買い方k8 カジノ「つながらない」と慌てるその前に――Azure Backupの“TLS 1.2必須化”に備えよう!仮想通貨カジノパチンコパチスロ a タイプ 新台

年末 宝くじ 買い方k8 カジノ「つながらない」と慌てるその前に――Azure Backupの“TLS 1.2必須化”に備えよう!仮想通貨カジノパチンコパチスロ a タイプ 新台

年末 宝くじ 買い方k8 カジノ「つながらない」と慌てるその前に――Azure Backupの“TLS 1.2必須化”に備えよう!仮想通貨カジノパチンコパチスロ a タイプ 新台

dmm ウォレット 口座k8 カジノ 「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

仮想 通貨 初心者Microsoft Azure最新機能フォローアップ

AzureにおけるTLS 1.2必須化状況

 2021年3月に発表された以下のアナウンスにあるように、「Microsoft Azure」の全てのサービスは「トランスポート層セキュリティ(TLS)1.2」を完全にサポートしています。互換性を提供するため、セキュリティに問題のあるTLS 1.0/1.1を受け入れているサービスもありますが、顧客に通知した上でTLS 1.0/1.1のサポートを削除し、TLS 1.2のみを受け付けるように切り替える作業を進めています。

Microsoft AzureでのTLS 1.2の準備(2020年3月9日)(Microsoft Azure)

 本連載第87回や以下の参考情報のブログが示すように、2020年までに既に多くのサービスでTLS 1.2が必須となっています。また、「Azureポータル」(https://azure.portal.com/)へのアクセスにもTLS 1.2が必須になっています。

Azureの各種サービスでTLS 1.2対応が必須要件に(本連載 第87回)参考情報:TLS 1.0 and 1.1 deprecation[英語](SharePointDev SupportTeam Blog)Azure Backupは2021年9月1日からTLS 1.2が必須に

 Microsoftは2021年9月1日(米国時間)から、「Azure Backup」でTLS 1.0/1.1のサポートを削除します。バックアップ対象のサーバやクライアントで稼働する「Microsoft Azure Recovery Services(MARS)エージェント」が既にTLS 1.2を使用して通信している場合は、この影響を受けません。

 バックアップ対象のサーバやクライアントが古いバージョンのWindowsを実行している場合は、MARSエージェントが確実にTLS 1.2を使用するように確認、調整する必要があります。影響を受ける可能性があるのは、「Windows Server 2016」以前のWindows Serverと「Windows 10 バージョン1803」以前のWindowsクライアントです。

Azure Backup: Upgrade to TLS 1.2 or above for secure MARS agent backups by September 1, 2021[英語](Microsoft Azure)レガシーWindowsのためのOSと.NET FrameworkでTLS 1.2を既定にする手順

 Azure BackupのMARSエージェントのための設定方法については、以下のドキュメントで説明されています。

Azure Backupでのトランスポート層セキュリティ(Microsoft Docs)#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコau ペイ カード 料金 支払い

に投稿 コメントを残す

年末 宝くじ 買い方k8 カジノ[解決!Python]内包表記で辞書を作成するには仮想通貨カジノパチンコパチンコ ゴッド ライジング

年末 宝くじ 買い方k8 カジノ[解決!Python]内包表記で辞書を作成するには仮想通貨カジノパチンコパチンコ ゴッド ライジング

年末 宝くじ 買い方k8 カジノ[解決!Python]内包表記で辞書を作成するには仮想通貨カジノパチンコパチンコ ゴッド ライジング

海 物語 沖縄 パチンコk8 カジノ 「解決!Python」のインデックス

パチスロ 聖闘士星矢 海王覚醒sp連載目次

# 辞書内包表記の基本型d = {k: k ** 2 for k in range(5)}print(d) # {0: 0, 1: 1, 2: 4, 3: 9, 4: 16}# 辞書内包表記とzip関数との組み合わせarticles = [ 'リストの内包表記と「if」を組み合わせるには', '内包表記でリストを作成するには', 'バイナリファイルの読み書きまとめ', 'テキストファイルの読み書きまとめ']urls = [ 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2107/06/news020.html', 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2106/29/news021.html', 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2106/22/news022.html', 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2106/15/news016.html']d = {title: url for title, url in zip(articles, urls)}for title, url in d.items(): print(f'{title}: {url[-20:]}')# 出力結果:#リストの内包表記と「if」を組み合わせるには: 2107/06/news020.html#内包表記でリストを作成するには: 2106/29/news021.html#バイナリファイルの読み書きまとめ: 2106/22/news022.html#テキストファイルの読み書きまとめ: 2106/15/news016.html# 同じことはdict関数でもできるd = dict(zip(articles, urls))for title, url in d.items(): print(f'{title}: {url[-20:]}') # 出力結果は上に同じ# 反復可能オブジェクトから得た値を加工するには内包表記を使うd = {t: u[-20:] for t, u in zip(articles, urls) if '内包表記' in t}for title, url in d.items(): print(f'{title}: {url}')# 出力結果:#リストの内包表記と「if」を組み合わせるには: 2107/06/news020.html#内包表記でリストを作成するには: 2106/29/news021.html

辞書の内包表記の基本型

 内包表記は辞書の作成にも使える。以下にその基本構文を示す。

d = {キー: 値 for キー/値の計算で使用する変数 in 反復可能オブジェクト}

 辞書内包表記ではリスト内包表記とは異なり、外側を波かっこ「{}」で囲む。また、その中に新しく作成する辞書の要素を「キー: 値」として書く。辞書の要素(キーと値)を計算する際には、上の構文に示した「キー/値の計算で使用する変数」に「反復可能オブジェクト」から要素が1つずつ渡されるので、その値を使って「キー」または「値」を計算する。

 以下にシンプルな例を示す。

d = {k: k ** 2 for k in range(5)}print(d) # {0: 0, 1: 1, 2: 4, 3: 9, 4: 16}

 この例では、rangeオブジェクトから変数kに整数値が順次渡され、その値を使って、辞書のキー(kの値と同値)とその値(kの値を二乗したもの)を計算している。

zip関数との組み合わせ

 内包表記とzip関数を組み合わせることで、2つのリストの一方をキーに、もう一方をその値とする辞書を作成することも可能だ。以下に例を示す。

articles = [ 'リストの内包表記と「if」を組み合わせるには', '内包表記でリストを作成するには', 'バイナリファイルの読み書きまとめ', 'テキストファイルの読み書きまとめ']urls = [ 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2107/06/news020.html', 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2106/29/news021.html', 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2106/22/news022.html', 'https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2106/15/news016.html']d = {title: url for title, url in zip(articles, urls)}for title, url in d.items(): print(f'{title}: {url[-20:]}')# 出力結果:#リストの内包表記と「if」を組み合わせるには: 2107/06/news020.html#内包表記でリストを作成するには: 2106/29/news021.html#バイナリファイルの読み書きまとめ: 2106/22/news022.html#テキストファイルの読み書きまとめ: 2106/15/news016.html

 articlesは本連載の記事タイトルを要素とするリストで、urlsは各記事のURLを要素とするリストとなっている。上に示した内包表記「{title: url for title, url in zip(articles, urls)}」は、zip関数でこれらのリストをまとめて、そこから「記事タイトル: URL」という組を要素とする辞書を作成している。

 ただし、これだけであれば、dict関数を使うとよりシンプルに書ける。

d = dict(zip(articles, urls))for title, url in d.items(): print(f'{title}: {url[-20:]}')

 dict関数は「2つの要素からなる反復可能オブジェクトを要素とする反復可能オブジェクト」を受け取れる。例えば、「[[‘k1’, ‘v1’], [‘k2’, ‘v2’]]」のようなリストがそうだ。この場合、dict関数は外側のリストの要素([‘k1’, ‘v1’])の先頭要素をキーとして、次の要素を値として、辞書を作成する。つまり、今の例であれば、{‘k1’: ‘v1’, ‘k2’: ‘v2’}という辞書を作成する。

sample_list = [['k1', 'v1'], ['k2', 'v2']]d2 = dict(sample_list)print(d2) # {'k1': 'v1', 'k2': 'v2'}

 zip関数の戻り値は、引数に受け取った反復可能オブジェクトと同一インデックス位置にある要素を組としたタプルを返すイテレータであり、これをdict関数に渡すと、辞書内包表記でzip関数を使った場合と同じことができるということだ。

 では、常にdict関数を使えばよいかというと、そうでもない。元の反復可能オブジェクトの値を加工したり、フィルタリングしたりするには内包表記を使うことになるだろう。以下に例を示す(コードが1行に収まるようにループ変数の名前を1文字としている)。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコ新 番組 ドクター x